So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

2017 J2 第20節 対Vファーレン長崎 しっかりやりきった。 [2017リーグ戦]

こんにちは。

昨日は久し振りに一体感があって、
90分間集中できた試合だったのでは?と思いました。

まずスタメン。
CBに磯村。左SBに内田。
左に青木、右に考起。
真ん中は、ワシントンが底で、
前に泰士と和泉?なのか、
よくわからない流動的な感じ。
で、トップにロビンではなく、寿人。
今日は地上戦で行くぞ、というメッセージか。

開始から得点までは、
しっかり守る長崎の前に、
右に左にパス回し。
たまに崩しかかるも、これといったチャンス無し。
長崎の想うまま試合が進みます。
特にうちのCBに流れた瞬間に、
CB、SB、サイドハーフにビシッと付く、
というルールが徹底されてました。

まぁ、こういうときはセットプレーかな?
と思っていたら、
ウッチーの高速フリーキックに、
二人が突っ込んで、オウンゴールで先制。
あれは、クロスをワンバウンドで入れたところがポイントだったかと。

そこからも同じような展開でしたが、
珍しくカウンターが決まります。
ロングパスを寿人が落として、
和泉が拾って、考起にパス。
考起は、急がずキープして、もう一度和泉へ。
和泉がゆっくりドリブルで上がり、
外を宮原がオーバーラップ。
それを見つつ、和泉が中央にクロス。
ファーサイドで青木がすでにポジショニングを確保し、
ヘッドで二点目。
これがJ初ゴールとなります。

さて、後半。
後半は押し込まれる展開に。
長崎の大きなサイドチェンジで、
度々危ない場面もありましたが、
真ん中で、しっかり跳ね返します。
小林もCBに慣れてきましたね。
見ていて不安なプレーはゼロでした。

このまま終わらないのが今年のグランパス。
内田が負傷交代。
そこで指揮官は、内田→深堀!
青木をSBに、和泉をサイドハーフに、
深堀をトップ下に置きます。
(この時点で、DF登録者ゼロに!)

深堀も二度ほどチャンスがありましたが、
一度はシュートにいけず、
一度はシュート打つも枠に行かず。
次への課題になったでしょうか?

微笑ましかったのが、
プレーが切れる度に、
泰士が声をかけていたこと。
泰士はこーゆーことができる選手ですよね。

最後は疲れの見え始めた青木→櫛引。
そして試合終了。

グランパスは、
獲るときにしっかり複数点獲って、
守るときにしっかり守れた。
というシンプルなことができたということ。
次の湘南は、ゴール前に人がなだれ込んでくるパターンなので、
チャンス自体をあまり作らせないこと、かな?

長崎は、
規律の取れたJ2に多いよくある良いチームかと。
このベースに個の何かが付加されると、
化けると思うけど。


ここからは画像です。

今日も同行人1号さんと。
雨なのになんで、屋根無しなんだよ。
とぼやいてました。
アップグレードが完売で、出来なかったのよ。IMG_20170626_092833.jpg

長崎サポ。
こんなところまでよく来ましたね。
元気な応援でした。
AWAY長崎かー、遠いな~
IMG_20170626_092849.jpg

青木亮太のJ初ゴール!
早く和泉も今季初ゴールを。
IMG_20170626_092907.jpg

アジアの大砲が歩いてました。
貫禄、半端無いですね。
IMG_20170626_092952.jpg

さぁ、次節は湘南に乗り込むぞ!
タグ:グランパス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の1件 | -